FX

FXデイトレ結果:9/27(月)〜10/1(金)

さぽんどる
久しぶりのブログ更新ですね!
そうだね、これから再開!
HAYATO

沖縄でのんびりしてる間、ブログは更新ぜずトレードのみ行っていましたが、今日から再開です。

約1週間、時間を気にせずにのんびり過ごしたので、かなりなまっていますがリハビリも兼ねて今週は更新頑張ります。

9/27(月)GBPUSD相場分析&デイトレ結果

GBPUSD相場分析

まずは全体の相場を見ると、沖縄に行く前から言っていた長期間のレンジ相場が続いてる相場となっています。

レンジを抜けそうなきっかけとなる動きを何度もしてるのですが、決定打不足といった感じで最終的には反転、反転の繰り返しが続いています。

最近は日足のサポートラインが意識されて反転されているので、今週は上昇していく局面が多くあるのではないかと思っています。

各時間足チャート

GBPUSD相場分析

日足で確認できるサポートラインがで反発があり、次に30分足を見てみると再度反発してることがわかります。

この下落は先週末の動きですが、22時以降に更に反発して上昇していく場面で、私はまた上がっていくと判断しロングでエントリーし、現在もポジションは持っています。

しかし、エントリー後は上がることなく、停滞した動きを続けているので今日の流れによっては損切りも仕方ないといった感じです。

ある程度見立てを作るににしていますが、今日に関しては上手く見えてこないので、流れが出来るまでのんびり見てようと思います。

30分足チャート

GBPUSD相場分析

デイトレ結果

昨日は新規でポジションを持ちませんでしたが、元々持っていたポジションは約30pipsほど獲得して利確することができました。

沖縄で遊んでいた時のトレードなので、Twitterにも投稿していませんが次からツイートしていこうと思います。

9/28(火)GBPUSD相場分析&デイトレ結果

GBPUSD相場分析

昨日の利確は正直かなりラッキーなものでした。

方向性も大して見えない中で買い圧力がかかり、その時のチャート見れたので利確し、その後また下落しています。

運がよかったトレードですね。

なので、今日も運を味方にポンドドルを分析してトレードして稼いじゃいたいと思います。

相場全体を見ると週足ではこれから下がりそうな気配を感じますが、日足だとサポートラインからの反発上昇がまだ続くようにも見えます。

1時間足、4時間足を上昇かな?という感じでどのローソク足を見ても明確なものは見えてきません。

こういうときはその日1番強い流れに乗るだけですw

正直これを毎日続けているだけですが、最近はトレンドがないので特にその傾向が強いと自分で思っています。

30分足チャート

GBPUSD相場分析

そして、お決まりの30分足を見ると見えてくるのが、レンジ幅が段々と小さくなって三角保ち合いの形になっており、そろそろ弾けて動きだすんじゃないのというところです。

しかし、弾けても騙しなる可能性があり、個人的にこっちを狙う方が得意なので、今日は動き出して、それが明確になるべく短時間で否定された方向に対してエントリーを狙っていこうと思います。

なんとなく、下に騙しが入ってロングで入れたらいいかなとぼんやり描いていますが、どっちになってもいいように構えておきます。

30分足チャート

GBPUSD相場分析

デイトレ結果

昨日はロングでポジションを持ちましたが、まだ保有しておりトントンの状態です。

決済され次第、追記します。

ちなみに昨日の相場は弾けるまではあっていましたが、その後強い下落が続き、約200pipsほど下がったので、買い戻しが入っても良さそうと判断しロングを入れています。

このトレードはかなりギャンブルスタートなので、そこまで期待してませんが、戻ってくれたラッキーです。

9/29(水)GBPUSD相場分析&デイトレ結果

GBPUSD相場分析

やっと相場に変化が出てきそうな大きな下落がありました。

ロングで持ってるポジションがあるので、一旦戻して欲しいところですが、昨日から下落トレンドが始まったと仮定すると、今日からはショートでエントリーを狙う場面が多くなる気がします。

週足で見ると10週以上もレンジ相場がレンジ相場が続いているので、そろそろこの相場にも飽きてますし、トレンドが始まってくれたら、嬉しいです。

これまで見てきた間にも短期的なトレンドは発生していますが、頭と尻尾はくれてやれという精神があるので、その分エントリーするタイミングはゆっくり目なので、レンジが続くと利幅が伸びないんですよね。

なので、昨日の動きをきっかけに下落トレンドが始まればいいなと思っています。

30分足チャート

GBPUSD相場分析

30分足だけを見ると、昨日の動きはこれまでの動きの中で最も大きな流れが起きたことがよくわかります。

現在は少し落ち着いているので、今日のシナリオとしては一旦上昇したところで利確し、再度下落してきた時にショートを狙っていこうと思ういます。

逆に上がらずにこのまま下がったときは、様子を見て22時以降にエントリーを考えます。

30分足チャート

GBPUSD相場分析

デイトレ結果

持っていたポジションは損切りされましたw

一旦戻して利確してのシナリオでしたが、そこまで戻しがなく少しプラスになりましたが、少し欲を出してしまい損切りです。

まあ、仕方ないので次に向かって歩き出しています。

昨日は損切りされてからも下落していく動きを22時過ぎも確認したので、ショートでエントリーしています。

このポジションは少し長い期間持てたらいいかなと思っています。

9/30(木)GBPUSD相場分析&デイトレ結果

GBPUSD相場分析

前回ギャンブルスタートしたポジションは負けてしまいましたが、相場の方向性が見えたことはとてもよかったなと思っています。

しかし、ギャンブルでエントリーすると感情的な部分が少し出てきた感じがあったので、これからはどんなに大きな下落、上昇があってもしっかりと流れをみてエントリーしていくのが1番に感じたので、これからは前回のようなエントリーはしないことにします。

本題に入りますが、直近2日間で300pipsほど下落したのでついに日足以上のローソク足でも方向性が見えてきたなと感じています。

今後は多少の上下を繰り返しながらも、下落トレンドが形成されるのではないかと思っています。

なので、昨日から保有を始めたポジションは長い期間持ち、大きな利幅を狙い、またそのポジションを保有してる間も通常通りデイトレを繰り返していこうと思っています。

30分足チャート

GBPUSD相場分析

30分足ではデイトレに関して中心に考えていきますが、長期下落トレンドが今後も継続すると仮定すると今日のシナリオしては多少戻したしたにしろ、それを否定する下落が起きてショートで入るのがベストな感じがします。

基本的に騙しを狙うのが得意なんですが、最初下落を始めたときと昨日の下落が始まった時の動きはほとんど戻しがなく、レンジ相場からの下落という感じで強い流れができているので、またこのパターンになることも想定しておきます。

下落にはならず、上昇転換となる場合はとりあえず22時まで待ち、その後の動き次第でどうするか考えたいと思います。

30分足チャート

GBPUSD相場分析

デイトレ結果

昨日はショートでポジションを追加しましたが、まだ決済はされていないので、今後決済されたら結果を報告したいと思います。

現在保有してるポジションは合計3つです。

1つはプラスでもう2つはマイナスですね!

今後長期に渡って下落トレンドが形成されるとざっくり考えているので、ショートでプラスになったポジションは半分利確したりしながら、もう半分は放置したりしてます。

半分利確する理由としては下落トレンドにならないリスクも考えているからですが、それでも、分析とは違う流れになってしまったときは少し大きなマイナスになるかもしれません。

なので、ポジションを追加するときは慎重に判断していきます。

10/1(金)GBPUSD相場分析&デイトレ結果

GBPUSD相場分析

さて、今日から10月です。

9月末はギャンブルスタートでエントリーしたポジションが少し大きな損失になりましたが、それでもプラスはしっかりと残せたのでよかったです。

今後はギャンブルはせず性に合った堅実なトレードを続けていこうと思います。

では現在の相場状況を見ていくと、昨日少し反転の動きがありましたが、まだ長期的に下落トレンドになっていっく勢いは残っているように見えます。

この辺は週足の形を見たり、日足のローソク足と移動平均線などを見て判断しています。

1時間、4時間足の相場でわかる中期のトレンドとしては、移動平均線の下で価格が推移する時間が長くなっていることからも今は売り方優勢であることがわかります。

もう一押し欲しいところなので、実際にそうなるのか注目していきたいと思います。

30分足チャート

GBPUSD相場分析

30分足を見ると一度ぐいっと戻してる時間帯があります。

多分これ見てまだロングでポジションを持ってしまっている含み損を抱えたトレーダーはこれから戻してくることを期待したと思いますが、そこから再度反転してしまってるので、結構ショックは大きいのではないかと思います。

自分も同じようなミスを繰り返してきたので、こういった気持ちは結構よくわかります。

戻してきたと思ったら、結局それ以上に下がるのが繰り返しが長期のトレンドを形成するものでした。

なので、今回もそうなっていくのではないかと思ってはいますが、最終的にどういった判断を下すべきかは相場次第といった感じです。

今のところ日中の時間帯も少しずつ下落してるので、これが続くのであれば、16時以降はまたショートを狙ったポジションを持てそうですが、そうならないときはロングも視野に入れたいと思います。

連日ボラティリティが高まっているので、波に飲まれないよう気をつけていきたいと思います。

30分足チャート

GBPUSD相場分析

-FX

Copyright© FXでちょっと稼ぐ佐藤家のブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.