趣味

塊肉でビールを流し込む🍖

HAYATO
念願の塊肉を焼きます!!

最近YouTubeで料理系の動画を見ていて、特に男の料理って感じのものに魅力を感じて、自分でもやりたい欲が沸々と。

作った料理をつまみにビールを流し込み、アルコールと自己満足に浸りとたいという衝動が収まらないので、作ることにしました。

やはり、一番魅力を感じたのは肉料理!

肉料理と言っても牛やら鶏やら色々ありますが、とりあえず豚肩ロースに決めました。

果たして美味しく出来上がるのか楽しみです。

買い出しと準備

YouTubeを見てるととりあえず、一番お金がかかりそうなオーブンレンジは引っ越した時に割と性能がいいものを購入していたので、オッケー!

次に肉を仕込む時に必要なバットがなかったので、こちらはAmazonで購入。

これは餃子を包んだ時にも使えそうだし、そのほかの料理でも役立ちそうなアイテムですね。

そして、一番重要なのは食材。

とりあえず岩塩とか調味料関連は近くのスーパーで買いましたが、いつか色んな岩塩を購入してなにが好みなのか見つけてみようと思います。

メインの肉はジャパンミートで購入!!を予定していましたが、あまり塊肉が売ってなかったので、肉のハナマサに移動して無事購入しました。

ちょっとびっくりしたのが、ジャパンミートで野菜を買ったんですがセロリって値段高いんですね。

普通に100円ぐらいで買えると思っていたら、大して量も入ってないのに300円ぐらいしました。

忘れていたものを追加購入

初めてなので、あれが無いこれが無いという状態になり、アマゾンとかダイソーとかで追加購入してきました。

・ガーリックオイルを入れる容器

・タコ糸

・スパイス系諸々

とりあえず一回買ってしまえば、次回以降は肉野菜を買えばできそうです。

それでは、仕込み開始しますか!!

自家製ガーリックオイル

YouTubeではオリーブオイルでもいいと言っていたのですが、動画で作ってたガーリックオイルも作りたくなったので、作ってみました。

これはペペロンチーノとかにも使えるらしい🍝

ガーリックの香りが食欲をそそります!

塊肉にスパイスとオイルを塗りたくる

さてさて、ここからが本番!

まずは肉を糸で縛って、スパイスを先程のガーリックオイルを塗りたくります🧂

肉は元々冷蔵庫に入っていたので、2時間ぐらい放置して常温に戻します。

なんで、常温にするのか理由を忘れましたが、多分焼くのに何か影響があるんだと思いますw

ちょいちょい適当なところがありますが、美味しくできればそれでOK。

塊肉を焼くステップ1

風呂に入ったり、野球を見たりしながらのんびり過ごしたので、これか焼き作業に入ります。

まずはフライパンで肉の表面を焼きます。

表面が焼けてきたら、バットに移してもう少し焼きます。

フライパンに付着してる豚の旨味は白ワインを入れて、ヘラで剥がしてこちらもバットに入れちゃうます。

もちろんこの辺りも全部YouTubeの受け売りw

バットに乗っているペースト状ぽいやつは嫁がブレンダーで刻んでくれたセロリ、玉ねぎ、にんじん、きのこなどなど!

肉を焼きながら、ついでにソフリットができちゃうし、一石二鳥らしい。

ソフリットがなんのことかよくわかってないけど、香味野菜を微塵切りにしてなんとかかんとかってネットに書いてありましたw

とりあえず、これを使ってカレーを作ったりすると中々絶品に仕上がるらしいので、それはそれでめっちゃ楽しみにです!

ちなみに僕の奥様のカレーは美味い🤤

同棲当初からカレーに関して玉ねぎは溶かせだのなんだの文句を言い続けたら、めっちゃうまくなったw

多分、この二次的出来上がる豚の旨味が染み込んだソフリットがカレーに入ったらさらにうまくなる。

塊肉を焼くステップ2

ついにオーブンレンジの登場!

焼いてるところを撮り忘れたけど、まあそれは仕方ない。

たしかオーブンの温度は130度で80分。20分ごとに肉をひっくり返してソフリットを肉の上に掛けて直しての繰り返しで完成!ではなくて最後にアルミで包んで30分。

これで本当に完成です!!長かった

完成した肉を切ってみるといい感じのピンク色!

銀座料理人してる兄貴に連絡してみたら、いい感じの火入れだと言われたので、初めてにしては上出来。

辿り着いた実食

いや〜長かったw

肉にスパイスを振ってから完成まで5時間がぐらい掛かりましたw

これだけ時間を掛けて作ったら美味いに決まってる!

かなり時間が掛かったけど、作る工程も楽しめたのでよかった!

次は牛か鶏で何か作ろうかな。

-趣味

Copyright© FXでちょっと稼ぐ佐藤家のブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.